リトミック学習の普及を後押し

リトミックとは体と心を音楽を通じて健全な発育を促すプログラムであり、とかち帯広YMCAは十勝での普及と定着を目指して講習会を開催してきました。

東京から日本のリトミック指導の第一人者 石丸由理先生をお迎えして今年は3月3日(土)に開催されました。
石丸先生は東京武蔵野ワイズメンズクラブのメンバーでもあり、忙しい中、時間を割いて十勝に何回も指導のために来道されています。

① 親子リトミック(1歳半から年少児童親子) 15組参加
② おともだちとリトミック(年中児・年長児) 21名参加
③ 指導者向け講座 7名参加

これにとどまらず3月1日(木)~2日(金)には幼保園の子どもたちとリトミックが行われ、土曜日までYMCAは子どもたちの笑顔と歌声で埋め尽くされました。

十勝ワイズメンズクラブとワイズメンズクラブ国際協会東日本区北海道部では財政面の支援と講師との交流を通じてリトミックに対する理解と意識の高揚を図っています。

石丸先生の都合とすりあわせながら、年内にもう一度講習会が開催できないか調整することとなりました。
11月には再び多くの皆さんがリトミックにふれ合えるような取り組みをワイズメンズクラブは支えます。

 

石丸由理先生の教室のホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください