2018年3月例会

とかち帯広YMCA会館で、3月19日(月)7時、15名の参加のもと、いつもの通り山田会長の点鐘、例会がスタートしました。
生寿司弁当を食べて、ゲストスピーカーのお話しを拝聴しました。

今回のゲストは、高橋浩史氏、テーマは「先生から店長へ」。
昨年の3月31日まで小学校の先生、その後手作りの「カフェ&雑貨 サニー サニー サニー」を立ち上げた方です。
現在、41歳、16年間の教職員から夢の実践。、いや実現されました。

高橋氏自ら作成して配られたレジメの項目には経歴、幼少、中高、大学時代、教員生活、店長生活の6項目、それらについてざっくばらんに笑顔で語ってくださいました。

私が伺った話の中で、心に残っていることを幾つか箇条書きにしてみると・・・・
・幼少期は父親の仕事のため転校が多く、友達が少なかった。しかしスポーツは大好きで、野球、水球、剣道、スケート、等に熱中した。
・常に父親の存在が恐怖であった。こちより手がはやく、なんでも一番になれが口癖。
・高校、大学はテニス。父親から離れたいため、高校は函館、大学は札幌の教育大へ進学。3年時、父親が膵臓がんのために急逝。
・初任地は、十勝。16年間で5校。子どもたちとの関わりは大好き。公務員は安定、天職と思っていた。しかし分掌、PTA、少年団活動に負担を感じるようになった。
・40歳になると教頭への声がけ、教師の肩書き、休みが少ない等悩む。
・以前より、飲食業カフェに関心あり、物作りにも興味を持つ。6年生を卒業させたからという区切り等で転職を決意。
・退職後、帯広市内に店件住宅、内装などを5ヶ月間で仕上げ、8月15日、オープン。
・不安定な収入だがやりがいがある。やりたいことができる。仕事の内容が自由、お金の自由、自営業は自由業、時間の自由、今まで得られなかったこと。
・今、感動していることは、人とのつながり。記事を見てやってきてくれる人、教え子が来てくれる、再会がうれしい。何よりも人との会話や多くの方々との出合いの広がりに驚き感謝している日々である。

以上のような語録を噛みしめると、高橋氏の真摯というべきか、大胆というべきか、その実行力、決断力には脱帽です。
今宵のスピーチ、大いに刺激を与えられたのは私だけではではないだろう。数年後、また、是非後編?を聞きたいものです。
お店の開店以前の6年間、私と同じ清水町旭山で家を建てられ、地区恒例の連合大運動会や盆踊りを共に楽しみ、特に屋台の焼き鳥には、毎年手伝っていただいていたことが忘れられません。
高橋氏の人間味溢れる行動力とお人柄、交わりの場、カフェでの新たな旅立ち、SUNNY SUNNY SUNNYに乾杯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です