北海道YMCA創立120周年をともに慶ぶ

北海道YMCAは創立120周年を迎えています。
内村鑑三の札幌 YMCA以後、1897年1月に札幌の各教会の青年会によって再建的に創立された「札幌基督教青年会」が、翌年に日本学生基督教青年会同盟に加盟し組織された1897年に遡り北海道YMCAの創立年とされています。
以来、北海道におけるYMCA運動は、時代の変化 に応じて、国内や世界のYMCAと連携しながら事業を展開しつつ、その運動も札幌から、北見、帯広へと広がりました。、北海道YMCAがたどってきたこの歴史を記念し昨年春から様々な記念事業を行ってきました。

青少年育成の部分でいえば次の大きな柱があります。
・クライミングウォールの設置
・チミケップ中高国際キャンプ
・ブランチ記念事業

クライミング事業は札幌YMCA会館に設置され創立記念集会でこけら落としがおこなわれました。青少年の身体能力やコミュニケーション能力の向上を目的に既に活用が始められています。

また、自然豊かな北見地区にある北海道YMCAのチミケップ国際キャンプ場において国際色豊かな青少年・震災被災者の子弟を招待し、青少年の国境を越えた協調性の育成とキャンピングスキルの向上、心に残る思い出づくりを進めてまいりました。

ブランチ記念事業の一環としてとかち帯広YMCAにおいてもリトミック音楽教室を行い、これに十勝ワイズメンズクラブも支援を行ってきています。

北海道部として、支援することが決定されていましたが、さらに十勝クラブからもニコニコボックスから寄付させていただく事となりました。
今後とも、北海道YMCAが発展するよう期待します。