4月28日 第二回北海道部評議会・次期役員会に参加

札幌市で開催された第二回北海道部評議会・次期役員研修会に十勝クラブから6名が参加しました。
評議会では現森部長体制における中間総括がなされ、今後の事業計画について審議されました。
また、研修会では6月にワイズメンズクラブ国際協会 東日本区の最高責任者に就任する宮内 友弥メン(東京武蔵野多摩クラブ)からワイズメンズクラブを巡る現状分析と来期の方針が示されました。
懇親会で道内4クラブの皆さんと楽しく交流を行っています。

来年には講師の宮内次期理事の後を引き継ぎ、十勝クラブの山田敏明メンが東日本区理事に就任します。
来期はその基盤をしっかりと構築する年となりますし、この研修会は理事ホストクラブの構えを作るスタートとなりました。

初めて北海道部のイベントに参加したメンバーから感想が送られてきたので、ご披露します。
彼女なりにワイズメンとしての今後を考えるきっかけとなったようです。


ワイズメンズクラブに入会して早や6年目になります。途中休会したり十勝から出たことのない私としては、十勝以外の地区に出向きワイズメンの一員として活動することがとても不安でした。
第一にワイズメンの役割・活動内容が未だに良くわからないことが多々あるからです。そもそも、
私はYMCAの保育士として働いていた時に、私が最も尊敬する池田先生に出合いYMCAを辞めた後も池田先生たちと一緒に活動していきたいと願ったからです。その後山田会長のお誘いを受け入会を決めました。
私に何が出来るか、どんな活動をしたらいいのかまだまだ分からないことばかりですが、諸先輩方の教えを受けワイズメンの一員として活動していければと思います。

他地域に出向いたのは初めての経験で何を書いたら良いのか正直良く分かりません。しかし今年は西日本区大会への出席も控えています。
他地域の方々との交流を通して自分自身に出来ることを探し活動できればと思います。

出合いの春

4月7日にとかち帯広YMCAでは、入園式・進級式が行われ学年度の新たなスタートを切りました。

十勝ワイズメンズクラブメンバーの渡辺喜代美とかち帯広YMCA運営委員長から子どもたちに祝福の言葉をお贈りしました。

純真な子どもたちの健全な育成は私たちのより所です。
YMCAを支える我々も心を込めて新たな兄弟姉妹を迎え入れることができた喜びを噛みしめていきたいと思います。

 

 

お別れの春

3月24日にとかち帯広YMCAでは幼保園の卒業式が行われました。
こどもたちからは先生はもとより、なによりご両親に対する感謝の言葉に会場は喜びの涙に包まれました。
子どもたちの門出に十勝ワイズメンズクラブの池田ワイズから励ましの言葉を贈りました。
是非、卒園生の皆さんにはYMCAで過ごした日々を忘れずに絆を持ち続けて欲しいと思います。

また、一人のワイズメンが昇任栄転で十勝を一旦離れることになりました。
彼は一旦休会となりますが、十勝に戻って来た時にはより大きな働き手として活躍していただけることと思います。
そんな想いを込めて3月28日に送別会を行いました。

桜の舞い散る春はまだまだの十勝ですが別れの春を迎えています。

 

 

 

 

2020年東日本区のホストに立候補します

十勝ワイズメンズクラブは3月5日に開催した役員会において2020年の東日本区大会を主催するホストクラブとして立候補することを決定しました。

我々が今回の東日本区大会ホストクラブへの立候補の意思を固めたのは、2019年-2020年に区の最高責任者 第21代理事に就任する予定の当クラブの山田 敏明メンの執行期間をクラブ全体として盛り上げていこうという意識が高まっている証しでもあります。

十勝クラブが今回ホストクラブの決定を得られれば2009年大会に続く2回目のホストとなります。
前回大会は北の大地で食と環境をテーマに開催されました。
もしホストクラブの任を受ける栄誉を与えられましたら充実した大会となるようメンバー一同がんばりますので、皆さまのお支えを従来にもましてよろしくお願い申し上げます。

なお、今年の第21回東日本区大会6月2日~3日 静岡県沼津市において開催されます

 

2009年6月13日にとかちプラザで開催された第12回東日本区大会

とかち帯広YMCAで野点

とかち帯広YMCAの幼保園で2月22日 年長組さんの子どもたちでお茶会が開かれました。
いつも美味しい園の給食を作ってくれている中島さんが加わり、当クラブの池田正勝メンが見事なお茶のお点前を披露しておりました。
子どもたちは「美味しい」と大喜びで何杯もおかわりをねだったとのことです。

YMCA幼保園の子どもたち。渋すぎます。

ワイズメンクラブの楽しみの一つが、純朴なYMCAに集う子どもたちに、こんな風に一緒に遊んでもらえることですね。素敵です。

2018年2月25日

とかち帯広YMCAがリトミック講習会参加者を募集

こどもたちの発想力・想像力を伸ばし生き生きとした表現力を身につける音楽教育「リトミック」の十勝での定着・普及を目指し、とかち帯広YMCAではリトミック講習会を3月3日(土)に開催します。

現在、子どもたち・指導者の参加者を募集しています。

http://www.hokkaido-ymca.or.jp/obihiro/event/18rhythmics.pdf

十勝ワイズメンズクラブ・ワイズメンズクラブ国際協会東日本区北海道部はこの活動に財政面での支援を行います。

ピンクシャツデーを支援

♡ ピンクシャツデーとは)

世界的いじめ反対運動です。
2007年、カナダの学校でピンクのシャツを着た少年がゲイと言われいじめられました。それを知った2人の少年が50枚のピンクシャツを友人・知人に配りシャツを着て登校することを呼びかけたところ、翌日呼びかけに賛同した多くの生徒がピンクのシャツを着て登校。学校中がピンクに染まり、自然といじめがなくなりました。その運動はやがてカナダ全土、世界に広がり、2月最終水曜にはピンクのアイテムを身に付けて、いじめ反対を訴える「ピンクシャツデー」が始まりました。
YMCAピンクシャツデーは、文部科学省後援のキャンペーンです。

近年、スマホやタブレット端末の利用者の低年齢化に伴い、SNSの誹謗・中傷の書き込みによるいじめやネットのトラブルに巻き込まれる児童・生徒がどんどん増えています。
現代社会に生きる子ども達に寄り添うために、大人がこのような問題に向き合い、理解するためのプログラムです。

十勝ワイズメンズクラブはとかち帯広YMCAが参加するこの運動を資金的にも支援します。

2月19日(月) 19時~21時 保護者・一般向け
2月26日(月)~28日(水) YMCA園児向け

全国YMCAピンクシャツデー運動の情報ポータルサイト