第21回東日本区大会 沼津大会が成功裡に終了

沼津ワイズメンズクラブのホストで第21回東日本区大会が静岡県沼津市で開催されました。

今大会のオープニングセレモニー前にはワイズメンズクラブ東日本区の最高議決機関である代議員会が開催され2017-2018年度の総括と来たるべき2018-2019年度の方針を確立しました。

2020年の東日本区大会ホストクラブとして質問に応答する山田ワイズ

全会一致で2020年度の東日本区大会を北海道・十勝で開催することを決定

その場において十勝クラブにとって試金石となる大きな二つの決定がなされました。

  • 2019-2020年度のワイズメンズクラブ東日本区はその最高指導責任者であり全体の奉仕者・東日本区理事として十勝クラブの山田敏明ワイズを選任する。
    従って2018-2019年度の宮内友弥東日本区理事(東京武蔵野多摩クラブ)の体制では、次期理事として指名する。
  • 2020年度 第23回東日本区大会は十勝クラブをホストクラブとして北海道帯広市で開催される。

あわせて、来年7月19日-21日のワイズメンズ国際協会アジア太平洋地域大会の実行委員会(HCC)の実行委員長を当クラブの山田敏明ワイズが担うことが報告されました。

確かに十勝クラブの顔はあなたです(^^ゞ

賑々しく始まったオープニングセレモニー

賑々しいオープニングセレモニーの後に、記念講演としてバルセロナオリンピック金メダリスト岩崎恭子氏が登壇。
出身地の沼津での思い出を織り交ぜながら、オリンピック後の周りの重圧と自分自身との葛藤などが話され、それをいかに乗り越えていったかを分かりやすくお話しされていました。

記念講演の岩崎恭子氏(バルセロナオリンピック金メダリスト)

心一つにワイズメンズクラブの旗の下に集う仲間同士が懇親会だけでなく、夜を徹して酒を飲み交わし交流を楽しむ姿が見られました。

大会には西日本区からも多くの盟友が駆けつけて頂き、大いに盛り上げて頂きました。
そんな気の置けない全国の仲間との交流もワイズメンズの魅力です。

沼津市街のあちらこちらで交流を楽しむ姿がみられました

そんな心温まるいい大会でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください